アフターピルの秘密

アフターピル「プリベン」に健康被害はある?

ピルを定期的に服用していれば、妊娠を避ける事ができます。
しかし、ピルを利用していないのにも関わらず無防備な性行為をしてしまった、また悲しい事ですが性暴力の被害にあってしまったという場合、その後に一般的なピルを服用しても妊娠の回避は難しいようです。

このような時は、アフターピルを服用しましょう。
アフターピルは緊急避妊薬と言われるもので、性行為をしてから72時間以内に服用する事で、妊娠を避ける事ができます。
万が一の為に女性なら、知っておきたい薬剤の1つと言えるでしょう。

アフターピルには色々な種類がありますが、その中の1つに挙げられるのが「プリベン」です。
プリベンは性交後72時間以内に2錠を服用した後、さらに12時間後に2錠を服用するアフターピルとなっています。
日本でのクリニックでは処方されていないアフターピルですが、インターネットなどの通販では購入する事が可能です。
費用は平均して1万円前後が多いようです。

72時間以内にプリベンを服用すれば、受精卵の着成立を約2パーセントにまで下げる事が可能です。
望まない妊娠の恐れがある場合、プリベンの服用は有効な対処法と言えます。

ただ、やはり薬剤という事もあり、健康被害が気になるという方も多いでしょう。
プリベンは女性ホルモンのバランスが急激に変わる為、生理痛のような腹痛、吐き気などの健康被害を訴えるケースがあります。
また、女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンが増えすぎる事で、血栓症のリスクが高まるといった健康被害がプリベンにはあります。

アフターピルを服用した事で副作用や健康被害のリスクも出てきますが、妊娠を避けられるという点では、女性をしっかりサポートしてくれる薬剤です。