アフターピルの秘密

アフターピルの役割とは

アフターピルとは、排卵日なのに避妊をしなかった、避妊具が破損したなどの妊娠を望まない性行為をした場合、受精した卵子が子宮に着床するのを防ぐための薬です。女性ホルモンを配合したものであるので、女性にしか効果がありません。避妊に失敗し、妊娠を避けたい場合は、一刻も早くアフターピルを処方してもらえる産婦人科などの医療機関へ行って処方してもらうことが大切です。

アフターピルは、通常の経口避妊薬よりも、多量のエストロゲンとプロゲステロンを摂取する事で、強制的に女性の体を妊娠しない状態にします。一定時間内に服用することで、卵巣や卵管、子宮内膜に作用して、卵巣から卵子が排卵されるのを阻止したり遅らせる、すでに排卵された卵子が精子と受精するのを防ぐ、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐといった排卵や受精、着床のすべての過程で妊娠するのを防ぐことができます。

一般的なアフターピルは、72時間以内に飲むことで80%ほどの確率で妊娠を阻止できますが、性行為後24時間以内であれば95%の避妊効果があるので、できるだけ早い段階で飲むことが大切です。服用方法としては、性行為後72時間以内に1回、その後12時間以内にもう一度飲むのが一般的です。

アフターピルを摂取するとプロゲステロン値が高くなることで受精卵が子宮へ着床するのを阻止し、2回目の摂取では、プロゲステロン値が2度目のピークを迎えた後にプロゲステロン値が急激に下がって、服用後3日から1週間程度で生理が起こります。

妊娠は、受精卵が子宮内膜に着床することで成立するため、子宮内膜に受精卵を着床させないように女性の体を強制的にコントロールするのがアフターピルの役割です。